FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月14日 (火) | Edit |
きちんとシャンプーしているのに

すぐ頭皮がべたつくのはなぜでしょう?




今回は

べたつきの原因となりうる要因

を具体的に、明快にまとめてみたいと思います。


ベタつきの原因は数種類に絞られます。



洗浄力が汚れに負けているケース

アミノ酸系などの洗浄剤でも、

汚れは十分落ちます。


よく「アミノ酸系などだと汚れ落ちが悪い」、

という意見を耳にしますが、それは間違いです。

まして

アミノ酸系の洗浄剤配合のシャンプーと言っても

洗浄剤の配合量はそれぞれシャンプーごとに違うのです。


当然配合量が多くなれば

洗浄力は高くなり、泡立ちも良くなります。


この、「配合量や洗浄成分の組み合わせ」を見ずに

洗浄力を判断するのは、

実はナンセンスなことなのです。


ここで少し言いにくいことなのですが、

配合量を量る目安として、

そのシャンプーの値段が上げられます。

image-2.jpeg


安価なものから高価なものまで

あらゆるシャンプーを使ってきた経験では、

同じ洗浄剤使用のシャンプーでも

安価なものほど泡立ちが悪い、

つまり洗浄剤の量が少ない傾向にあるようです。


結論としては、

洗浄剤の種類や使用量により、

汚れを落とすだけの洗浄力がないのに

そのまま

すすぎ、タオルドライ→ブロー、

すると、

髪や頭皮に皮脂や油汚れなどが残り、

べたべたやニオイの原因になってしまうのです。


またこのパターンでの特徴は

髪にも汚れが残るため、

良質シャンプーのはずなのに

髪もゴワゴワ、艶のない

残念な印象になることです。


解決方法は単純です。



同じシャンプーで良いので、

「シャンプー剤の使用量を増やす

これだけで改善します。





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。