FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月12日 (日) | Edit |
<間違ったシャンプー>


爪を立てたり、髪の毛同士をこすり合わせるのは、

間違ったシャンプー方法であると言えます。

頭皮や髪の毛を傷めるので、

爪を立てるのも

髪の毛同士をこすり合わせるのも、

ダメです。

シャンプー前にブラッシングすると

ホコリや汚れを浮かすことが出来ます。


更に、

シャンプーをつける前に髪の毛を予洗いしておくと、

ホコリや汚れをある程度流せます。


こうすることで泡立ちが良くなり、

髪の毛への負担を減らせます。



<ブラッシング>

シャンプー前の軽いブラッシングは

シャンプーの手助けをしてくれます!


ただし、絡まった髪の毛を

無理にほどくようなブラッシング

髪を傷めるだけです!

枝毛や切れ毛の原因にもなります。

→髪の毛が絡まった場合は

無理にほどかないこと。

プラスティック製のブラシよりも

豚毛など動物の毛を使ったブラシのほうが髪の毛に優しいです。



<タオルドライ>

タオルでゴシゴシとこするのは、

正しいタオルドライとは言いません。

「開いているキューティクル」を

傷めつける行為にほかなりません。

→髪の毛をタオルで挟み、手で押さえる。


これを何度か繰り返し、

ドライヤーで乾かすのがベターです。


以上のことから、

髪の毛を傷める原因は数多くあると

お分かりいただけたことと思います。

しかしながら、

同時に、対策もあるわけで、

手を抜くことなく、

妥協することなく対策をすれば、

きっと間に合うはず!


キューティクルがはがれ落ちてからでは、

手遅れになってしまいます。



洗い流すトリートメント

洗い流さないトリートメントを使い、

補修が効くうちに、

髪の毛のパサつきをケアするように心掛けてください。






↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。