QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月06日 (土) | Edit |
昨日は「誤った髪の乾かし方」について書きました。


今日は、


「正しい髪の乾燥方法」をご紹介します。



1、マイクロファイバーなど吸水性高いタオルで、

頭皮の水分」を吸収する。
 
このとき,頭皮や髪の毛を擦らないように注意してください。




愛用中のマイクロファイバータオル

$毎日ノンシリコンシャンプー出来ても,毎日『断・甘いもの』出来るのか?

マイクロSPAターバン





2、半乾きの髪に

洗い流さないトリートメントをもみ込みむ。

このとき、

トリートメントが頭皮に付かないように、注意して下さい。



3、ドライヤーのノズルをはずすなどして、

ドライヤーの「風の出口」を大きくする。

出来るだけ、大きい風で

広範囲に風が行き渡るようにしましょう。


4、ドライヤーのスイッチを「強風」または,

「ワット数の大きい方」に入れ,

ドライヤーを持つ腕を軽く伸ばして,必ず遠くから

ドライヤーの風を髪の毛の「中」に送り込み

頭皮を乾燥させます



5、ドライヤーで乾燥している部分を,

ドライヤーを持っていない方の手で

掻き分けたりすると,早く乾燥でき,

かつ,髪の毛を焼いてしまうことを防止出来ます。
(火傷には注意してください)



6、「HOT」で乾かした後、いつまでも髪が

を持ったままでいることも

髪にダメージと乾燥を与えていまします。

 
  
 *必ず「COOL」の風も「上から下に向けて」当てて

  髪をクールダウンしてあげましょう。

  (キューティクルの向きに沿って風を当てる)



*なお,ドライヤーで「どこまで髪を乾燥させるか」ですが,

 加減が難しいですね!



目安として、、、


ドライヤーが「HOT」の間は,


ほとんど「乾燥している」と感じるが,



ドライヤーが「COOL」にした時は


「気持ち湿り気を感じる」程度まで乾かしてみて下さいね




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。