QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月30日 (火) | Edit |
今月の人気記事の紹介です


◆髪の乾燥・コラーゲン不足→こちら


◆髪の乾燥・間違った乾燥方法→こちら


◆髪の乾燥・正しい乾燥方法→こちら


◆髪の乾燥・シャワーの温度→こちら


◆髪の乾燥・すすぎ不足→こちら





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2013年04月28日 (日) | Edit |
今月の私のおすすめ記事です。



◆ふけ・かゆみ→こちら


◆ふけ・かゆみをケアしましょう!→こちら


◆フケ(乾性)のシャンプー方法・洗髪前→こちら


◆フケ(脂性)のシャンプー方法・洗髪前→こちら


◆フケのシャンプー方法・洗髪→こちら


◆フケのシャンプー方法・すすぎと乾燥方法→こちら





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ


2013年04月20日 (土) | Edit |
シャンプー剤を残さず洗い流すには、

少なくとも4~5分は必要です!



乾性フケの場合は3~5分程度、

脂性フケの場合は7~10分程度、

しっかり洗い流しましょう。



お風呂で温まった後は

どうしても汗をかきがちです。


特に夏場は汗が止まるまで、

時間がかかりますよ


頭皮の汗が引くまでしっかり、

何度もタオルで汗を拭き取りましょう。


汗が引いたら

すぐにドライヤーをしてきっちり乾かしましょう!




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ

2013年04月19日 (金) | Edit |
乾性フケ、脂性フケともに、

シャンプー剤が多くても

良いことは全くありません!


乾性フケ
     ↓
「皮脂を取り過ぎる原因」
になり、


脂性フケ
     ↓
洗髪後にシャンプーが残りやすくなったり、

洗髪に時間がかかります。


どのように良いシャンプーであろうと、

少しは頭皮、髪に良くない成分が含まれています。


つまり、、、

「頭皮と髪の汚れを落とし」、

「シャンプー剤を残さない」、

という欲求を満たすには、

シャンプーの量は少ないほど良いのです。



その為に、髪を洗う前にしっかりと「予洗い」し、

汚れをとってからシャンプーします。


1回のシャンプー剤の適量は

だいたい⑩円玉1個分程度の量

とされています。




頭皮環境はとても重要です。


頭皮が傷むと、自然な治癒力によって、

それだけ頭皮の活動が活発になります。


また、

頭皮が荒れ、痛みが伴うようになると、

洗髪できなくなる可能性もあります!

第1関節の「指の腹部」

頭皮をしっかりと揉むように

洗うことが必要です。


必ず、指の腹部で洗うよう心がけましょう。


おまけ情報

<脂性フケにおすすめな洗い方>

脂性フケで

マラセチア菌」の発生を抑制するシャンプー

を使用している場合、

すぐに洗い流さず

5~10分程度

シャンプーをつけたまま放置するのが効果的です。
(※あくまで真菌を殺すシャンプーの場合のみ)


マラセチア菌は

「真菌」=「カビ」です。

シャンプーの成分の抗真菌作用を活かすには

「頭皮に浸透し、マラセチアを殺すまで放置」

するのが効果的です。




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
2013年04月17日 (水) | Edit |
お湯だけでも「髪や頭皮の表面の汚れ」

はほとんど取ることができます!


シャンプーで洗う前に

まずはしっかりと「予洗い」をしましょう。


では、どのくらいの時間で

頭皮の汚れは落ちるのでしょうか?


脂性フケ

まず、5~10分程度、

しっかり頭皮マッサージをしましょう!


脂性フケの原因は

マラセチア菌の栄養」となる皮脂です。


特に洗髪では

余分な皮脂を落とすこと」が最も重要です!


洗髪前に5~10分程度熱めのシャワーだけで、

頭皮を揉むようにすすいで下さい。

image-1_20130410154011.jpeg


シャワーで10分程度頭皮を揉んでいると、

「あれ?頭皮に脂っぽさがなくなってきたかな?」

と感じることができます。


一度やってみると必ずわかるようですよ。


しかし、これは

シャンプー前」の「予洗い」だけの時間です。

その後、シャンプーを使って洗いましょう。


長時間のシャワーが面倒な場合は、

ジェットシャワー付きシャワーヘッドで

一気に汚れを落とすこともできます。




また、洗髪前の頭皮マッサージの時に、

シャンプー前の頭皮すっきりクレンジング

などで、余分な皮脂をとると楽ですよ!





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。