QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月12日 (金) | Edit |
アミノ酸は体内のさまざまなところに利用されています。

そのため、バランスよく摂取することでいろいろな効果を期待することができます。



<アミノ酸の効果>

●筋力向上

ロイシンイソロイシンバリンなどのアミノ酸は別名分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれており、筋肉組織の原料となる成分です。

BCAAを摂取すると、、、

筋力アップ

筋肉痛のもととなる乳酸の発生を抑える

疲労の回復



これら3つのアミノ酸はスポーツ飲料やBCAAのサプリメント
として多用されます。






集中力向上

チロシンアルギニンフェニルアラニンイソロイシングルタミン酸の5種のアミノ酸には、頭脳の働きを促進し、集中力を向上させる働きがあります。


脳の情報の伝達を助け、記憶力アップへの効果も期待できます。


特に、「チロシン」は脳からの伝令を行う神経伝達物質『ドーパミン』の主成分です。




免疫力向上


人間の体には、細菌やウイルスなどの菌類から体を守る免疫細胞が約5千億個存在しています。

グルタミンアルギニンにはこの免疫細胞の働きを強化する作用があります。

さまざまな病気への対抗力をサポートしてくれます。

ビタミンAやC、Eと併用するとさらに効果が高まるため、意識的に各種ビタミンと同時摂取することをおすすめします

マルチビタミン のサプリメントなら手軽に摂取できますね。





美肌効果

肌のハリやツヤ、弾力のもととなっているコラーゲンは、プロリンやアルギニンなどのアミノ酸を主原料としています。


ご存知の通り、コラーゲンが生成されると、肌にツヤや弾力がよみがえり、シワやたるみ、くすみなどを予防することができます。

また、システインにはシミのもととなるメラニンの過剰生成を防ぐ働きがあり、透明感のある素肌の維持に効果的です。



育毛促進

髪の99%占めるタンパク質『ケラチン』は、必須アミノ酸・非必須アミノ酸を合わせた18種類のアミノ酸で構成されています。


そのため、アミノ酸を摂取すると健康な髪が作られるようになり、ダメージヘアにハリ・ツヤ・コシが戻ってきます!!


また、アミノ酸には健康な肌を作る作用もあるため、”頭皮環境を改善し、髪の根っこである毛根の活性化”も促進します。




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2013年03月26日 (火) | Edit |
昨日の続きになりますが、、、(昨日の記事はコチラ)


必須アミノ酸・非必須アミノ酸

いずれも人間の体には必要なアミノ酸ですが、、、


非必須アミノ酸は体内で合成生産されます。


それに対し、


必須アミノ酸は体内で作り出すことができないため、


「食品」や「サプリメント」などを活用して

外部から摂取する必要があります!!




おすすめの必須アミノ酸が摂取できるサプリメント







非必須アミノ酸は、体内で合成生産されるので、

普通に生活していればあまり不足することはありません。



一方、体内で合成生産されない必須アミノ酸は、


バランスの良い食生活を送らいないと

絶対量が不足するおそれがあります!!



アミノ酸というのは20種類のうち、


どれか1つを多めに摂れば良いというわけではありません!




それぞれが均衡を保つことによって


良質なタンパク質を生み出すことが可能なんです。



そのため、


必須アミノ酸も

9種類すべてをバランスよく摂取することが重要
なのです!



しかし、食生活が乱れがちな現代人は

”慢性的なアミノ酸不足に陥る”傾向にあります。



それが、「髪の傷み」や「肌荒れ」、「筋肉の衰え」

などのさまざまな症状を起こしやすくなります。




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
2013年03月25日 (月) | Edit |
アミノ酸とは、体を形成する

タンパク質の主成分となっている栄養素です。



私たち人間の体は約60%が水分で占められていますが、

残り40%のうち、半分を占めているのがタンパク質です。


タンパク質は、、、

筋肉

消化管、

内臓、

髪、

皮膚、




の主成分でもあり、


人間が生きていく上で欠かせない役割を担っています。




アミノ酸は、そんなタンパク質の主原料。




つまり、『アミノ酸は私たち人間の生命の源』なのです。




自然界には、約500種類のアミノ酸が存在すると言われています。


そのうち、人間の体を構成しているアミノ酸は20種類です。



20種類のアミノ酸は

必須アミノ酸』・『非必須アミノ酸

の2種類に分類されます。



●非必須アミノ酸

20種類のアミノ酸のうちの11種類。

アルギニンやアスパラギン酸、シスチン、チロシン、アラニンなど。



●必須アミノ酸

20種類のうち、残り9種類を占めるアミノ酸。

イソロイシンやロイシン、リジン、メチオニンなど。



いずれも人間の体には必要なアミノ酸ですが、、、



●非必須アミノ酸は体内で合成生産されます。


しかし、



●必須アミノ酸は体内で作り出すことができないため、

食品やサプリメントなどを活用して

外部から摂取する必要があります!!





おすすめの必須アミノ酸が摂取できるサプリメント







↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
2013年03月24日 (日) | Edit |
ミネラル』は体の維持や調整に

欠かす事のできない栄養素です。



ビタミンもミネラルと同じような働きをしますが、



ミネラルは無機質

ビタミンは有機物


という違いがあります。



ミネラルは、別名『無機質』とも呼ばれます。




<ミネラルの働き・効果>


人間に必須とされているミネラルは現在16種類です。

そのうち、極めて微小なものを「微量元素」といい、


比較的多く存在するものを「主要ミネラル」といいます。



ミネラルは「過剰」過ぎても、「欠乏」過ぎても問題があります!



そして、その量の幅が狭い事も特徴的です。



ミネラルが不足した際の体への影響


ミネラルが欠乏すると、

鉄欠乏性貧血

などといったような疾病を引き起こすリスクが高まります。



ミネラルの過剰摂取による体への影響


特定のミネラルを過剰に摂取すると、

それによる中毒症状などを発症するリスクが高まります。



何でも”加減”って大切ですよね




<ミネラル一覧>

・カルシウム

・リン

・ナトリウム

・カリウム

・マグネシウム

・鉄分

・亜鉛

・銅

・マンガン

・セレン

・ヨウ素

・イオウ

・塩素

・クロム

・リチウム

・ゲルマニウム

・ケイ素

・フッ素

・バナジウム

・ニッケル

・コバルト

・モリブデン




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。