QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月18日 (月) | Edit |
近年、男性だけではなく女性で薄毛に悩んでいる方もいらっしゃいます。

実際私の友人にも髪のボリューム不足の悩みを抱えている人が複数人います。

原因というのを考えて、1つ1つ対策をしていけば、今からでも十分に間に合うと思います


基本的には食生活・生活習慣などが考えられます。

例えば、現代社会のストレス・不規則な生活・暴飲暴食などがあります。

このような生活習慣が薄毛の原因になり得るのです。


しかし、食生活・生活習慣などもそんなに悪くないのに薄毛になる事があります。

例えば、毎日使うシャンプーや石鹸です。

シャンプーや石鹸は様々な種類があります。

毎日のケアは大事な事ですが、刺激が強すぎて体質に合っていない事も考えられるのです。


薄毛の人の毛には、死んでいて育たなくなっている毛が抜けずに残っている場合が多いようです

山に例えるなら「立ち枯れている木」がたくさん残っている状態です。

だから、「枯れ木も山の賑わい」で何とか見た目は保っているものの、いずれは抜けるのです

枯れ木しか育たない頭皮だから、抜けた後にはもっと状態の悪い毛しか育たなくなっていきます。

だから、薄毛が進行すると頭に存在している毛の総数そのものが減るから、抜ける毛の本数も減ります。

でも確実に進行していくのです。

それらの毛が、環境が変わったり刺激を与えられるから抜けるのです


薄毛の人の場合には抜け毛が減ったが毛も減って、細くて短い毛ばかりが抜けると言うことになっていることが多いようです。

頭皮を活力ある状態に回復させて、通常の生え代わりを繰り返すようになって始めて毛は増えてきます。

抜け毛は増える時もあれば減る時もあります。

単純に減れば良いのではないのですね、、、




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



スポンサーサイト
2013年02月17日 (日) | Edit |
薄毛(うす毛)とは何らかの原因で、髪が抜け落ちてしまい、その結果、頭髪が薄くなり地肌が露出してしまうことをいいます。

薄毛というと中高年の悩みのように思われがちですが、もっと若い20歳代、30歳代といった若い年代の人たちにとっても深刻な悩みになっています。

また、近年は薄毛に悩む女性が増加傾向にあるといわれています。



<女性の薄毛の原因>

近年では、女性も薄毛で悩んでいる人が多く、薄毛は男性だけの悩みではなくなってきています。

女性の方が男性よりも深刻に悩んでいるケースもあります。

女性の薄毛原因はさまざまですが、主に加齢現象・男性ホルモン・ストレス・副腎皮質ホルモンの減少などが挙げられます。

これらの薄毛原因が重なって薄毛の症状が見られる場合もあります。

女性の場合は、ホルモンバランスの変化による脱毛も多いようです。

女性の場合は、特に病院で薄毛原因を詳しく検査して治療を進めていくことが大切ですね。




加齢現象

髪の密度は20歳がピークといわれ、太さは35歳頃。

その後は密度・太さともに衰えていき、30代後半くらいから「髪のうねり」も目立ってきます。

そして40歳前後から、だんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛など、さまざまな形で「髪の加齢変化」が目立ってきます

ホルモンバランス

女性の薄毛は、血流不全以外に女性ホルモンのバランスの崩れが一因だといわれています。

他にも遺伝的要素を含め様々なものが原因として関与していますが、タバコや睡眠不足は禁物

過激なダイエットによる栄養不足もホルモンバランスを乱す要因になります。


ストレス

家庭内の問題に加え、近年の社会不安、仕事や人間関係など、様々なストレスと戦っている現在の女性たち。

身体の変調を引き起こす原因になっていることは言うまでもありませんね。

お肌はもちろん髪や頭皮に与える影響も大きいと言えます。





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



2013年02月16日 (土) | Edit |
抜け毛の毛根でわかることがあります。

抜け毛をよく観察すれば、その抜けてしまった毛が薄毛が進行している毛なのか、あるいは正常なヘアサイクルによって抜けた毛なのかを判断することができます。


髪の毛はそもそもヘアサイクル、「成長期⇒休止期⇒脱毛」というサイクルを繰り返しています。

ですから、1日当り50〜100本の抜け毛は正常な範囲なんです。ですが、薄毛(ハゲ)が進行してしまうと、正常な抜け毛の数倍の本数の髪の毛が抜けてしまいます。


抜け毛が病気といえるかどうかは別としても、何の病気でもそうですが、脱毛が進行してしはじめた時期に適切に対応することがとても大切ですよね!

早期発見、早期治療は治りも早いですよね。出費も抑えられますしね

そのためには、本数での判断する以外にも抜けた毛を観察してみて危険度を判断してみるとよいようです。



怖いですができれば抜け毛が進行している部分を自分で軽く引っ張ってみましょう。

そうやって抜けた毛をよく観察してみます。


まず、短くて細い毛がどれくらいあったのかを観察します。そのような細く短い毛というのは、

十分に成長しきれていない髪の毛であり、通常の大きさの毛より短命に終わってしまいます。当然そのような髪の毛は少ない方がよいです。

それから毛根の部分をよく観察してみます。

先端が丸くなっているのであれば、その髪の毛は自分の寿命を全うしています。

一方で、毛根の部分が細くなっている毛というのは、本来の寿命が来る前に抜けてしまった毛髪です。もちろんこのような毛も少ない方がよいです。


つまり、寿命を全うしていない毛やそのような要因を含んでいる毛が増えると、正常なヘアサイクルに支障を来たしているということを証明できるわけです。

正常なヘアサイクルを逸脱してしまうと、抜け毛が増えてしまうということにつながってしまいます。




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



2013年02月15日 (金) | Edit |
女性にとって「髪は命」!

現実にはだんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛など、さまざまな形で「加齢の変化」が目立ってきます。

髪の密度は20歳がピーク、太さにおいては35歳がピーク。

その後は衰えていき、30代後半くらいから「うねり」も目立ってきます。

そして40歳前後で急に髪の衰えを感じる女性が増えます。

さらに出産や更年期といったホルモンのバランスの崩れが薄毛・抜け毛を悪化させてしまいがちです。

髪の悩みを自覚される年齢が若年化している傾向にもあります。

さまざまな家庭内問題に加え、仕事や人間関係など、あらゆる類のストレスと闘っているのですから、こうした髪の悩みを抱える方が増えていくのは当然のことなのかもしれません。


ホルモンバランスの変化による脱毛

額や頭の頂上から毛髪が薄くなりやすい脱毛です。

生理不順や更年期障害などから起こりやすい傾向があります。



妊娠・出産による脱毛

ホルモンバランスが大きく変化し、ヘアサイクルの成長期が伸びて、退行期にとどまっていた髪が抜けずに残ることがあります。ホルモンが正常に戻る出産後、退行期にありながら抜けずに残っていた髪が抜けてしまうのです。


ストレスによる脱毛

ストレスなどによる自律神経失調から起こる脱毛で女性に多い傾向があるといわれています。

全体的にまばらに抜け落ちるといった症状も女性に多く、長期的な改善が必要とされる脱毛で、悪化すると、頭髪が完全に抜け落ちてしまう脱毛にまで進行することもあります。

ホルモンバランスが大きく変化し、ヘアサイクルの成長期が伸びて、退行期にとどまっていた髪が抜けずに残ることがあります。ホルモンが正常に戻る出産後、退行期にありながら抜けずに残っていた髪が抜けてしまうのです。



女性の薄毛の原因として加齢とホルモンバランスの変化が直接的な原因となっている場合が多いようです。

避けては通れない道、上手に備えて上手に切り抜けたいものです





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。