QLOOKアクセス解析
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月01日 (水) | Edit |
髪や頭皮に優しいシャンプーって、比較的価格が高いのが難点です。


しかし、、、

    髪は女性にとって大切なもの

    そして頭皮は肌の一部です。



ヘアケアもスキンケアと同様に考えて、

「健康な髪」と「頭皮環境」を維持するようにしたいですね。



ところで、シャンプーは、何を基準に選んでいますか?

CMのイメージ、価格、香り、手触りなどでしょうか?


毎日使うシャンプーは、

髪のみならず頭皮との関係も考えて選びたいものです。

シャンプーについてあらためて考えてみましょう。



◆ノンシリコンシャンプー

シリコンとは、化学反応によって作られる「完全人工物」。

このシリコンはスキンケアやヘアケアに広く使われていて、

キューティクルに付着しコーティングする作用があるので、

手触り良く艶を出すなどの効果があります。


しかし、シリコンは

髪をコートするだけで、

髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。


そのため、このシリコンに頼ったヘアケアを続けていると、

髪の傷みを進行させてしまうことにもなりかねません!!



◆ノンシリコンシャンプーの特徴


◆ 毛穴をふさがない!

 (シリコン自体に害があるというより、

  毛穴をふさいでしまうのがイケナイのです!)

◆ 毛穴を塞ぐと皮脂がたまり、頭皮の血行も悪く代謝も低下する。

◆ それが抜け毛につながる。


ノンシリコンシャンプーを使うと抜け毛が減る、というのは本当です。

産後の友人も、使い始めてすぐに実感していました!




 ◆シャンプーだけでOK!


シャンプーのレベルが高ければ、リンスは必要ありません!!

ノンシリコンシャンプーは「リンスやトリートメント不要」のものも多いです。


髪や頭皮に有害なものをつけずに済むのは嬉しいですね!

それに、シャンプー一本だけでいいので、経済的なのもうれしいですねドキドキ



Dr.Natureは、、、









シャンプー後も「保水」と「うるおい」が持続するので

頭皮から浸透保湿を実感いただけると思います。


また、Dr.natureは女性の頭皮や髪質に合わせた

低刺激の天然由来成分を高配合しています。


女性にとって最も多くの悩みでもある

ボリューム不足にも効果を発揮します。




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2013年04月26日 (金) | Edit |
お店で見かける、一般的なシャンプーの場合、

弱酸性

と明記されていないもののほとんどは

弱アルカリ性」です。



弱アルカリなので、、、


キューティクルがひろがる

=髪がダメージを受けやすい状態



です。



弱アルカリ性でいい点は

洗浄力が強い」ところです。



弱アルカリのシャンプー(普通の石鹸も弱アルカリ)

を使ってすすぎ、

リンスをする前までは、髪がキシキシしますよね?


これは、、、

髪のキューティクルが広がっている手触りなんです!


リンスをするとリンスは弱酸性なので

イオン反応で、一瞬のうちに「さらっ」とした手さわりになり、

キューティクルが閉じます。



合格弱酸性シャンプーを使うと、

シャンプー→すすぎ→リンスの間

ずっとキューティクルが開かずにできるため、

髪へのダメージが減る」という仕組みです。


しかし、弱アルカリに比べて

弱酸性は洗浄力が劣ります。




弱酸性シャンプー=髪・頭皮をいたわるシャンプー

(カラー毛やパーマ毛、頭皮をいたわる方などにオススメ。)


弱アルカリシャンプー=強い洗浄力のシャンプー

(脂っぽい頭皮の方、整髪料を多く使う人などにオススメ。)


大雑把に分けるとこのような感じです。



髪の表面には「キューティクル」と呼ばれる

魚のウロコ状の堅い物質で覆われています。

これが髪の内部への防壁の役割を果たしています。


普段はしっかりと閉じているのですが、

髪はアルカリ剤に触れると

このキューティクルが広がってきます


ですから、髪にとっては

「弱酸性」のシャンプーをおすすめします。






私としては、「脂っぽい頭皮」の方

シャンプー前に頭皮マッサージをし、

その時にシャンプー前の頭皮すっきりクレンジング

で皮脂を落とす。


その後に、

弱酸性のシャンプーで髪もいたわるのがいいと思います。





↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ

2013年04月10日 (水) | Edit |
今,話題のノンシリコンシャンプー


髪や頭皮に優しいのは分かっているけど

比較的価格が高いのがつらいとこです。


しかし髪は女性にとって、

とっても大切なものです!


そして頭皮も肌の一部です。


スキンケアと同様に考えて、

「健康な髪」と「頭皮環境」

を維持するようにしたいですね。



ところで、シャンプーは、何を基準に選んでいますか?

CMのイメージ、価格、香り、手触りなどでしょうか。


毎日使うシャンプーは、「髪」のみならず

「頭皮」との関係も考えて選びたいものです。




シリコン=化学反応によって作られる完全人工物


スキンケアやヘアケアに広く使われていて、

キューティクルに付着し、

「コーティングする作用」があるので、

手触り良く艶を出すなどの効果があります。


しかし、

髪をコートするだけで、

髪を補修したり浸透して保湿する

ような効果はありません!


そのため、

シリコンに頼ったヘアケアを続けていると、

髪の傷みを進行させてしまうことになるようです。


DN メインバナー3




<ノンシリコンシャンプーの特徴>


毛穴をふさがない!

これが一番大きいメリットです。

シリコン自体に害があるというより、

毛穴をふさいでしまうのがいけないのです!


毛穴をふさぐ

→皮脂がたまる

→頭皮の血行も悪くなる

→代謝も低下する

→それが抜け毛につながる




ノンシリコンシャンプーを使うと抜け毛が減る、

というのは本当のようです。


私自身は元々、

かなり髪が多いので分からないですが、

私にすすめてくれた看護師さんは

使い始めてすぐに実感されたようです。


(私は肌が弱いので使い始めたのです)



髪にトラブルを抱えている人も

肌にトラブルを抱えている人も


毎日、気兼ねなく使える

シャンプーって嬉しいですね!




↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
2013年04月01日 (月) | Edit |
最近、アミノ酸石鹸シャンプー

というものがあります。



「石鹸シャンプー」と「アミノ酸シャンプー」の

いいとこ取りのようです。



<やってみたい髪型候補>
stl0021105_01.jpg

大きめカールがかわいい!



アミノ酸石けんシャンプーは、


頭皮の呼吸を妨げる、、、

「シリコン」は使用しておらず、、、


界面活性剤、

防腐剤、

酸化防止剤


なども入っていないので非常に低刺激です。



髪と地肌に「必要な潤い」は残し、


汚れだけを落としてくれるのが


有能なヘアケアシャンプーです。








↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ
2013年03月28日 (木) | Edit |
ヘアケアシャンプーの条件として理想的なのは、、、


●脱脂力が少ない

●柔らかな洗浄力で頭皮への刺激が少ないもの。

●泡のキメが細かく、少量でよく泡立つ。

●すすぎの時に泡切れが良い。

●指通りがスムーズである。

●洗い上がりがツルツルでもギシギシでもない。


などです。



やってみたい髪型候補

stl0014847_01.jpg

やっぱり、「つやつや・ストレート」も捨てがたい


ヘアケアシャンプーとは

頭皮や髪に負担をかけないシャンプー

ということです。



やっぱり、添加物は不使用で、

「アミノ酸系の洗浄成分」

を主成分としているものがいいですね。



他には、頭皮の為に有効な

生薬植物成分が入っているといいと思います。



汚れはしっかり落とすけれど、

必要なうるおいは残してくれるものが理想ですね!








↑ ↑ ↑
ポチッとして頂けたらうれしいです!



人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。